美白・シミ対策で人気 - ハイドロキノンとビタミンC誘導体

ハイドロキノンクリームで美白ケア│ビタミンC誘導体とは?

美白化粧品の成分の中で「ビタミンC誘導体」は一般的な肌質の人でしたら、気軽に使え、紫外線のブロックや、シミの除去にも効果を現わします。では、このビタミンC誘導体とビタミンCとはどう違うのでしょうか。

ビタミンCが肌にいいというのは有名です、シミを予防したり、シミを除去したり、さらに肌に弾力を与えたりする働きがあります。しかし、ビタミンCは肌に塗っても吸収されにくく、空気に触れるとすぐに酸化してしまうという欠点を持っていました。さらに、水に溶かすと活性を失うという性質も持っていたため、化粧品には使えませんでした。

ビタミンCのこうした問題点を改善して、人工的に加工したのがビタミンC誘導体です。肌の奥に浸透してから、酵素の働きで、ビタミンCへと変化する性質を持っています。ビタミンC誘導体は、分子構造が安定しており、皮膚に吸収されやすく、特に美白効果のある化粧品では高い効果を発揮できるようになりました。

ビタミンC誘導体は、シミやそばかすのもととなるメラニン色素の生成を抑制します。人間の体は、紫外線の影響を受けるとメラノサイトという情報伝達物質が発生します。これによりメラニン色素が合成され、紫外線から細胞を守ろうとします。

通常ならば、その役割が終わると同時に角質と一緒にはがれ落ちてしまうのですが、過剰に紫外線を受けたり、皮膚のターンオーバーが乱れると作りだされたメラニン色素が皮膚から排出されずに残ってしまうことがあります。これがシミです。ビタミンC誘導体は、こうしたシミの原因である、メラニン色素の生成を抑制して、皮膚のターンオーバーを促進する働きがあります。

ビタミンC誘導体は、クリームなどよりも水に配合した方が安定性の良い成分なので、化粧水に配合して使う方が美白効果は高まります。化粧水を選ぶ時は、ビタミンC誘導体を含み、他の成分がいろいろと入っていないシンプルなものを選ぶようにしましょう。

シミだけでない紫外線の悪影響って?

シミというとまず紫外線を思い浮かべます。紫外線にはA波、B波、C波に分かれますが、地上に届くのはA波とB波のみで、C波はオゾン層によってほとんど届くことはありません。A波、B波の特徴としてはB波の方がエネルギーが強く、火ぶくれなどの強い日焼けを起こすため、昔からその弊害は知られていました。

そのため、日焼け止め化粧品は、B波を遮るためのものが初めに開発されました。しかし最近では、A波の方も肌の老化やがん化に関わることがわかってきたため、A波とB波の両方を防ぐタイプの日焼け止めが主流になりました。

A波を防ぐのがUVA、B波を防ぐのがUVBです。UVAは肌を黒く日焼けさせる紫外線で、UVBは水ぶくれの原因になる紫外線です。UVBは、皮膚ガンなど細胞を傷つける作用もあり、非常に恐ろしい紫外線と言われています。また、シミの8割以上は紫外線が原因だと言われています。逆に紫外線対策をしっかり行えばシミ対策も完璧に近いということではないでしょうか。

紫外線はシミだけでなく目にも大きな影響を及ぼします。ウインタースポーツなどで晴れた日に長時間戸外にいると、雪の反射で紫外線を目に受けて結膜炎のような症状になることもあります。これは通常「雪目」と言われています。

物を見るためには水晶体と呼ばれるレンズが必要不可欠です。水晶体は紫外線を吸収し、酸化させる作用があります。そのため、年を取ると白内障になりやすいと言われています。

紫外線は細胞の老化にも影響を及ぼします。皮膚の表面だけでなく、真皮にまで紫外線は届いてしまうためタルミやシワの原因になっています。年を取ると顔にシワやシミが目立つようになるのは、一年中紫外線にさらされている影響です。ですから、顔に比べてお腹など日に当たらない場所が比較的シミが少なく、シワがないのもこのためです。

紫外線はアレルギーにも影響を及ぼします。日光アレルギーというものがあり、日光に当たると皮膚に湿疹が出たり赤味が出たりします。太陽が当たらないところにいると治ってしまいますが、ひどい時には頭痛や吐き気を伴うことがあります。